借金返済計画の立て方

計画に基づいて借金返済をする必要があります。
返済期間が長くなり、返済額も多いと「なにから返せばいいのか?」とわからなくなってしまうこともあります。

 

返すべき順番というのは、実は借金では明確に決まっているのです。
優先させるべき支払いとは、この順です。

 

まず最優先するべきものは、税金です。
「借金じゃないのでは?」と思った方は要注意ですよ。

 

借りているお金ではないという意識があることで、滞納してもいいか、と考えていませんか。
実は自己破産などの債務整理をした場合も、税金は払わないといけないのです。

 

追徴課税などもあり、遅く返すほど支払う額は大きくなってしまうでしょう。

 

次に支払うべきは金利が高いものです。
金利が高いことで、利息は当然大きくなります。

 

返済までの期間が長くなるほど支払う金額が大きくなるため、高金利の借入からまず返しましょう。
金利に違いがないのなら、借入残高が低いものから返し、借入件数を減らすことを目標にします。

 

取り急ぎ件数を減らしたいなら、おまとめローン、金利を下げたいなら借り換えローンなどの利用も検討してみましょう。

 

借金返済計画を立てる時には、金銭的なプランを立てることももちろん重要です。
しかし、どのように返済モチベーションを保つのか、これをある程度考えておく必要があるでしょう。

 

返済期間が長くなるほど、返済し続けることの負担が大きくなってしまうのです。
具体的な計画の下借入残高を減らすことだけでなく、返済しようという意欲がずっと持てるプランを立てることも忘れてはいけません。