借金返済出来ない時には

「借金返済、やっぱり出来ない!!」

 

返済を続けていても、どうしても難しくなってしまうかもしれません。
もともと収入に見合った借入ができていなかった、判断できない状態で買い物をしてしまったなど、返済できなくなるほどの借入をしてしまうこともあります。

 

どうしても返せない時には、債務整理という手段をとるしかないでしょう。
債務整理には種類があります。

 

自己破産

借金がなくなると考えられている方法ですが、もちろんそれなりのデメリットもあります
信用情報に記録が残る期間が10年と長く、その後のローン利用やクレジットカード作成などに大きく影響します。

 

また価値のある財産を手放す、一部の職務に一定期間就けない、官報への掲載など、ただ借金が免除されたと手放しで喜べない状態です。

 

任意整理

おおまかにいって借金の減額と考えられている方法です。
しかし信用情報機関に記録は残ります。

 

また、裁判などのように強制的な免除ではなく、あくまでも借入先と和解によって借入額を減らすものです。
個人でもできるという情報もありますが、弁護士や司法書士に依頼すると、その段階で督促が止まるという利点があります。

 

個人再生

自宅や自動車など価値あるものを処分する必要がありません
自己破産のように資格の制限も受けないのです。

 

メリットが大きい代わりに手続きが煩雑です。
それなりに費用や手間、さらに決定までの時間がかかってしまうことが気になる点でしょう。

 

申し立てなどは、やはり専門家に依頼するケースが多くなります。

 

他には過払い金返還請求や、特定調停なども借金返済が出来ない時に選べる方法です。
借入残高、信用情報への記録(その後ローンなどの利用を希望しているか)、また手続きにかかる費用などをトータルで判断して債務整理の方法は選ばないといけません。

 

判断が難しい時には、やはり弁護士や司法書士に訊ねてみましょう。
正式に依頼すれば、その段階で取り立てなどはストップします。