【借金返済からの脱出】楽になるコツがあった!!

もう無理かも…借金返済は楽になる?

誰だって借りたからにはきちんと返したい、こう考えて返済しているはずですよね。
借金返済が楽になる方法はあるのでしょうか?借金は金銭的な面だけでなく、気持ちの上でも追い詰めてしまうものです。

 

「借金返済はもう無理…。」

 

こう考えている方は、解決方法を考えてみましょう。
借金返済を楽にするためには、「減らす」ということがポイントです。

 

借入先を減らす

借金返済の負担は、金額だけではありません。
返済先が多いことで、手間が増えることも大きな負担になります。

 

「ああ、また返済日。」

 

この憂鬱な気持ちを少しでも軽くするためには、借入先をまとめられないか考えてみましょう
返済額が大きく変化しなくても、返済の手間が減れば精神的にも楽になるはずです。

 

金利を減らす

利用しているローンなどの金利を下げることで、返済する額が減ることになります。
より低い金利のローンへ借り換えを検討しましょう。

 

借入先を減らすこととも繋がりますが、おまとめローンを利用しても返済の負担を減らします。

 

借入額を減らす

これは、一般的に任意整理とよばれるものになります。
自己破産とは違って、返済しますが、借入先に返済額の減額を依頼するのです。

 

もちろん簡単に「減らしますよ!」と受け付けてくれる金融機関はありません。
弁護士や司法書士などに相談したほうが解決しやすいでしょう。

 

もちろん任意整理でも難しい時には、自己破産も視野に入れるべきです。

 

気持ちに余裕がないことで、解決策を探せないまま、目の前の返済日だけをなんとか乗り切ろうとしていませんか?
どうやっても返済できない状態というのもあるのです。

 

借金返済が楽になる方法を考えてみることが大切でしょう。
参照元:簡単わかりやすい!借金返済の方法|法律の専門家に無料相談できる

 

借金返済のココが大変!

借金返済をなぜ大変だと感じてしまうのでしょうか。
色々な理由が複合していることが多いでしょうが、収入のほとんどを返済額に回すこと、これが最大の負担です。

 

お金が入っても、ごくわずかの金額を除いて返済しないといけない状態が続くわけですね。
新しいことに挑戦する気力も奪われてしまうのではないでしょうか。

 

寝ても覚めてもずっと返済のことを考えてしまっている状態のせいで、何も楽しめないことから鬱状態に陥ってしまう方も少なくありません。

 

また、返済自体の手間も大きくかかります。
直接借入先に返済に行かないといけない場合、毎月何度も返済に時間を割くことになってしまうでしょう。

 

なにより借金しているところに毎月必ず行くことを継続するのは、本当にいたたまれない気持ちになってしまいます。

 

家族に言えない借金の場合、当然返済もばれないようにしなければなりません。
もしも返済日に返せないと、連絡が入るかもしれない、連絡が入れば当然借金をしていることがわかってしまいます。

 

ドキドキしながら遅れないように、返済日までにお金を準備しないといけません。

 

どうしても負担に耐えられない時には、対策をとりましょう。
いつかは借金が終わるという希望を持って返済している方がほとんどです。

 

しかし、借入額が大きければ、お金も気持ちもついて行かなくなります
借金返済での大変さを少しでも減らせる方法を見つけることが大切ですね。

 

借入額などにもよりますが、解決方法はいくつかあることを知っておきましょう。
その中で最適な方法を選ぶ必要があります。

 

一本化が早く返せるコツ?

借金の一本化は早く返せるコツとなる場合があります。
ただし、そうではないケースもあることを知っておくべきでしょう。

 

おまとめローンや借り換えローンの登場で、借金件数をできるだけ減らすという方法が一般的になりました。
毎月やってくる約定返済の回数が減ったり、金利が下がったりと、返済にまつわる負担を軽くできるのが借金の一本化です。

 

しかし、借入額などによっては、一本化が逆に負担を大きくしてしまうかもしれません。
毎月の約定返済日が少なくなると、月々の返済額も減らせることがありますね。

 

「返済が楽になる。」と喜んでいると、返済期間が長くなることで逆に利息が増えてしまうこともあるのです。
結果的には総返済額が一本化する前より大きくなる可能性があります。

 

他には、過払い金が発生しているケースです。
過払い金とは、本来は返済しなくてもよい額まで返済してしまっていたその金額となります。

 

返さなくてもよい額までまとめてしまうことで、過払い金請求ができなくなる恐れも出てくるでしょう。
グレーゾーン金利がまだあった時からの借入なら、過払い金が発生している可能性が高いです。

 

引き直し計算などで、本来の返済するべき額を把握してから一本化を考えないといけません。

 

おまとめローンや借り換えローンは、金利も低く借金返済の救世主と考えられています。
しかし、どんなローンでもよいわけではなく、もちろん返済する方がシミュレーションなどを元に返済計画をきっちりと立て直すことが大切です。

 

おまとめローンを利用できれば、必ず借金が楽になると考えないほうがよいでしょう。

 

借金のことをきちんと知ろう

なんとなく借入が増えてしまって、返済が苦しい、とにかく次の返済日には返せるようにしないと、という日々を過ごしていませんか。
お金を借りているのに、借金のことをキチンと知らない方は多いのです。

 

苦手だからと逃げていては、いつまでたっても完済の日はやってきません。
借金のことを知ることで、返済の負担が軽くなることもあります。

 

まず、金利のことを知っていますか?
現在利用中のローンがどんな金利で、どのように利息が算出されているか、これを知らないままで返済していないでしょうか?

 

グレーゾーン金利は撤廃されています。
違法な金利で返済を続けていないか、確かめてみないといけません。

 

借入先がどんなところかもわかっていますか?
いつのまにか廃業してしまっている業者もあります。

 

そんな時債務はなくなるのではなく、別の業者に渡ってしまっていることがほとんどです。
違法な業者に自分の借金や、個人情報が知られてしまっているかもしれません。

 

とかく借金は、考える余裕を奪ってしまいます。
借金のない状態なら落ち着いて考えられることも、気付けないこともあるでしょう。

 

「まさか。」と思う方こそ、一度自分の借金の状況を把握してみることが大切です。
状況を把握するためには、ローンなどのことを少しでも知ってみましょう。

 

以前のように誰にも言えず借りて、誰にも相談できないということはありません。

ネットでもたくさん情報を集められますし(正しい情報を選ばないといけませんが)、弁護士などの無料相談に頼ってみるという方法もあります。